今年も、オランダに「Sinterklaas Feestje」というシンタクラースの日がやってきました。
12月5日は、オランダの子供にとって一番楽しみな日です。
サンタクロースのようなシンタクラースという方が、子供たちにプレゼントを配ってくれるのです。

毎年その日は、小学校にもシンタクラースがやってくるんですよ。
うちの娘の小学校は、12月5日の朝に校庭でお迎えするのが恒例。
去年は伝説通り白馬でご登場したシンタクラースですが、なんと今年は大型車両での入場!!

IMG_6521

IMG_6527

よく見ると、荷台にボートが積まれていますね。
これは、スペインからオランダまでボートでやってくるという伝説にちなんでいるのでしょう。

IMG_6540

そして、学校のアクティビティでシンタクラースのお菓子を作ってきた娘。
可愛いですね~。
マジパンのような「fondant」という素材で作っているのだそう。
どういう経緯なのかは知らないのですが、このお菓子の配合レシピは娘と以前泊まりに来たお友達の2人で考えたのだそう。
それをクラスみんなで踏襲して作ったのだとか。やるじゃん♪

IMG_6541

そして、娘のもとに届いたシンタクラースのプレゼントは、素敵な革の手帳とParkerのボールペン。
娘は、年末年始の一時帰国中にここに旅日記を書くとはりきっています。

そして知らなかったのですが、シンタクラースはそのプレゼントに合った詩(Sinterklaas gedicht)を置いて行かれるそう。
何故か去年までは無かったのですが(笑)、今年はプレゼントに添えてありました。

IMG_6545
※モザイク部分は、娘の名前を隠してあります。

オランダの詩も、単語の語尾をそろえて韻を踏みます。
そういったレトリックもあり、日本語に正確に訳するのは難しいのですが、おおむね以下のような内容です。


親愛なる娘ちゃん、

シンタクラースは長い間考え続けてきた。

彼が娘ちゃんに与えるものは何が良いか。

あなたはとても旅行が大好きですね。

だからあなたは、このプレゼントを得ます。

この美しい革の本では、

何度も書くことができる。

日本での経験すること、

(年末年始の)お祝いに満ちた日々を!

この手帳を楽しみましょう。

そして今、素敵なクッキーを食べましょう。

シンタクラースと従者ピートより


オランダ語のインターネット界ではこの詩のサンプルに非常に需要があるようで(笑)、
「sinterklaas gedicht」で検索するとプレゼントごとにサンプル詩が閲覧できるサイトなどがヒットします。
たとえば、この↓サイトとか。
https://sinterklaasgedichten.com/ 

他にも、韻を踏んだオランダ語の単語を検索したいときは、このページの検索窓に単語を入れると、似たような韻の単語を教えてくれます。
https://sinterklaasgedichten.com/rijmwoordenboek

在蘭邦人の方でサンプル詩を知りたい方は、来年以降参考になさってみてください。
(なんて言いながら、私は知り合いのオランダ人に助けてもらいました)

とりあえず、12月最大のイベントである「Sinterklaas Feestje」を無事に乗り越えることができました!
あとは、年末年始の一時帰国に向けて全力疾走です。
適度に休みながらがんばっていきたいと思います。

==========お知らせ==========

電子書籍出版しました!
(紙版)「日本人家族が体験した、オランダの小学校での2年間

レギュラーで書いている主な執筆媒体のご紹介です。
ぜひ読んでみてください♪

「現代ビジネス」(不定期掲載)
http://gendai.ismedia.jp/list/author/naokokurata

「Glolea!」(プロフィール&執筆記事一覧)
http://www.glolea.com/ambassador/kurata-naoko/profile

「未来住まい方会議」(執筆記事一覧)
http://yadokari.net/author/kurata/ 

「TABIZINE~人生に旅心を~」(執筆記事一覧)
http://tabizine.jp/author/kuratanaoko/

「ima(今) 海外リポーターが伝える世界の生活情報サイト」 (執筆記事一覧)
http://ima-earth.com/contents/profile.php?userid=kurata

お仕事の依頼は、↓こちらのメールアドレスまでご連絡くださいませ。
aberdeen.nihongo(a)gmail.com

スポンサーリンク
Banner OrandaOriginals v1