オランダの政治的な首都であるデンハーグに、用があったので出向いてきました。


IMG_6477

その際に、「マウリッツハイス美術館」(Mauritshuis)にも立ち寄ることに。
この美術館は、17世紀に建てられた伯爵の邸宅を美術館とした場所。
外観からして、優美な雰囲気ですよね?

IMG_6479

実は私、この美術館は初訪問だったんです。

IMG_6488

でも、今まで訪れなかったことを後悔するくらい素敵な場所でした。
うっとりとした溜息がでるほど、美があふれ出しています。

IMG_6481

オランダらしい、チューリップの絵もありました。
館内の説明書いわく、この美術館にはドイツやフランスの芸術家の作品も展示されていますが、ほとんどがオランダの画家の作品なのだそう。

IMG_6494

そして、なんといっても「マウリッツハイス美術館」といえば、この「真珠の耳飾りの少女」。
言わずと知れたオランダの画家、フェルメールの傑作です。

「やっと会えたね」という気分で、じっくり鑑賞してきました。

IMG_6496

そして館内で、唯一この作品だけが柵を設置されています。
やはり皆さん、この少女の瞳に吸い寄せられて近づきすぎちゃうんですかね。

短い滞在時間でしたが、とても心が豊かになった気がします。
私はせっかくオランダに住んでいるので、もっと頻繁にこの絵に会いに来ようと決心しました。

そしてオランダのアートといえば、私の知人がオランダのアート作品に関するグッズ販売を手掛けるサイトをオープンしました!

Banner OrandaOriginals v1

この「Oranda Originals」でも、「真珠の耳飾りの少女」のバッグイヤリングのレプリカなどを取り扱っているようです。
お気に入りのアート作品のグッズがあると、絵を壁に飾らなくてもアートを身近に感じられそうですね。
他にもオランダ由来の素敵なグッズがたくさんあるので、ぜひのぞいてみてください♪

==========お知らせ==========

電子書籍出版しました!
(紙版)「日本人家族が体験した、オランダの小学校での2年間

レギュラーで書いている主な執筆媒体のご紹介です。
ぜひ読んでみてください♪

「現代ビジネス」(不定期掲載)
http://gendai.ismedia.jp/list/author/naokokurata

「Glolea!」(プロフィール&執筆記事一覧)
http://www.glolea.com/ambassador/kurata-naoko/profile

「未来住まい方会議」(執筆記事一覧)
http://yadokari.net/author/kurata/ 

「TABIZINE~人生に旅心を~」(執筆記事一覧)
http://tabizine.jp/author/kuratanaoko/

「ima(今) 海外リポーターが伝える世界の生活情報サイト」 (執筆記事一覧)
http://ima-earth.com/contents/profile.php?userid=kurata

お仕事の依頼は、↓こちらのメールアドレスまでご連絡くださいませ。
aberdeen.nihongo(a)gmail.com