先日、オランダ人の知人から新聞の記事を紹介されました。


48804711-82B2-419F-8F15-531DBB1E99BE

この記事によると、オランダのとあるホテルに、15年間にわたり毎週3通くらいの手紙を送ってくる謎の日本人が居るそうです。
しかも、その手紙の内容はいつも同じなのだそう。

「みなさん、
いかがお過ごしですか?そちらの天気はいかがでしょう?
その節は、情報を送ってくださってありがとうございました。
みなさんによろしくお伝えください。

敬具」


といった文面(※英語です)。

15年前にどういうきっかけ(最初に本当に何か情報を送ったのかなど)で
この手紙が始まったのかは記事から読み取れなかったのですが、
ホテルはこの手紙の量に戸惑っているようでした。

そして最近では、実際にホテルやその街の「情報」を差出人の住所に送っているそうですが、
何も送ってないときでも定型文通り「情報をありがとう」と送ってくるそうです。

「何故こんなにたくさん手紙をくれるのですか?」
「あなたは、いつこちらにいらっしゃるのですか?」


などホテルはメッセージを送っているそうですが、それに対する回答は無し。
ひたすら同じ文面で手紙が来るそうです。

でもホテル側も、戸惑いつつもこの不思議な手紙の差出人に情が移っているらしく、

「ぜひホテルのディナー付き宿泊に招待したい」

といっていると記事に書かれていました。

何となくこの差出人の方は、ご高齢で英語もオランダ語も読めないのではないかと感じています。
ですので、おせっかいながら私もホテルに対して

「日本語で手紙代筆しますよ」

とメールしたのですが、こちらには反応なし。

いずれにせよ、香川県のKaor Yamamotoさん(※Kaoruではない)が、
このホテルに実際に泊まることができまるように祈っています。

==========お知らせ==========

電子書籍出版しました!
(紙版)「日本人家族が体験した、オランダの小学校での2年間

レギュラーで書いている主な執筆媒体のご紹介です。
ぜひ読んでみてください♪

「現代ビジネス」(不定期掲載)
http://gendai.ismedia.jp/list/author/naokokurata

「Glolea!」(プロフィール&執筆記事一覧)
http://www.glolea.com/ambassador/kurata-naoko/profile

「未来住まい方会議」(執筆記事一覧)
http://yadokari.net/author/kurata/ 

「TABIZINE~人生に旅心を~」(執筆記事一覧)
http://tabizine.jp/author/kuratanaoko/

「ima(今) 海外リポーターが伝える世界の生活情報サイト」 (執筆記事一覧)
http://ima-earth.com/contents/profile.php?userid=kurata

お仕事の依頼は、↓こちらのメールアドレスまでご連絡くださいませ。
aberdeen.nihongo(a)gmail.com