秋休みに行った、ポルト旅行記の5日目の記録です。
その前の日程は以下のリンクからご覧になれます。

1日目&2日目
3日目
4日目

この日10月26日は、旅の5日目であり最終日。
けれどオランダへ帰る便が午後6時だったこともあり、日中も引き続きポルト市内を観光しました。
※スーツケースは空港への交通アクセスの良かった「Trindade」駅の大型コインロッカーへ。

C43AA0F5-76B7-4E76-9E5D-31A1AD99A0DC

最初に行ったのは、「世界一美しい本屋」ともいわれるLivraria Lello

※ちなみにその根拠となったのは、英ガーディアン紙の記事
オランダのマーストリヒトの本屋や京都の書店もランクインしてますね。
46332383-C991-423A-976B-057C29A46ABD

確かに、ため息の出る美しさでした。
でも自分も含めてなんですけど、ひとが多すぎる~。
ゆっくりきてしまったので、もっと開店直後にくるべきでした。

F605E085-ECEA-43DB-85BA-B89F3CFAB3A5

お次は、ポルト市民の台所ともいわれる「ボリャオン市場」へ。
お土産物を物色したのですが、特にこれといったものはなく、
本当に地元の人が購入するような八百屋や鮮魚、肉の屋台が多かったです。
でも、1軒だけこ洒落たワインスタンドがあって、ちょっと休憩するのによさそうでした。

1C0337DE-588A-4D39-9CF0-6D4C51D7EFB9

そして市場を一周するとちょうどお昼時に。
市場からすぐ近くにある「Conga e Reinar」に移動して、ランチをとることにしました。

678D7493-BFA8-4255-815E-7D0B2EEA5DFF

ここは、豚肉バーガー「ビファナ」(Bifana)で有名なお店なのだとか。
バーガーといってもパテではなく、海外では珍しい小間切れ肉です。
これが生姜焼き風にスパイシーに味付けされていて、日本人の味覚にピッタリ!

夫は「日本の松〇の豚丼の味!」と叫んでいました。
なるほど、言われてみれば確かにそんなイメージです。

これでお値段2ユーロ。
1ユーロ(だったかな?)のビールと一緒に美味しく頂きました。

1D4C825F-68BE-49DC-BDAE-3822DA4FA098

そして街をぶらぶらした後、再び電車でポルトの空港へ。
最後までいい天気で、お名残り惜しゅうございました。。。

やっぱり私、ポルトガル大好きです~。
ぜひ数年後、また訪れたいと思います。

==========お知らせ==========

電子書籍出版しました!

レギュラーで書いている主な執筆媒体のご紹介です。
ぜひ読んでみてください♪

「Glolea!」(プロフィール&執筆記事一覧)
http://www.glolea.com/ambassador/kurata-naoko/profile

「未来住まい方会議」(執筆記事一覧)
http://yadokari.net/author/kurata/ 

「TABIZINE~人生に旅心を~」(執筆記事一覧)
http://tabizine.jp/author/kuratanaoko/

「ima(今) 海外リポーターが伝える世界の生活情報サイト」 (執筆記事一覧)
http://ima-earth.com/contents/profile.php?userid=kurata

お仕事の依頼は、↓こちらのメールアドレスまでご連絡くださいませ。
aberdeen.nihongo(a)gmail.com