オランダの大学は、オランダでの授業が当然かと思いきや、そうでもないようです。
なんと、授業の約60%が英語で行われていると、8月26日付のフォルクスクラント紙(De Volkskrant)が発表しました。 

Meer dan de helft van de studies volledig in het Engels
(半分以上の研究が英語で行われている) 
http://www.volkskrant.nl/binnenland/meer-dan-de-helft-van-de-studies-volledig-in-het-engels~a4364526/
 
ちなみに、オランダの大学の世界ランキングは以下の様な感じだそう。

0826_2

※参照サイト: Top Ranked Universities on MastersPortal

2つの調査結果がありますが、どちらも100位以内に入っている大学がいくつもありますね。
参考までに日本の大学を書くと、東京大学は、World University Rankingで43位、Academic Ranking of World Universitiesで21位。
京都大学は、World University Rankingで88位、Academic Ranking of World Universitiesで26位。
(どちらも2015年のデータ)
 
そして気になる学費のお話し。
オランダの大学に通う学費ですが、2016/17年度はほとんどの大学で1984ユーロなのだとか。
(私立大学などは、一部例外あり)
2016年8月下旬現在のレートだと、約22万5千円といったところでしょうか。
ただし留学生もこの学費が適用されるのかは分かりませんが。


ただし英語の質は教授によってまちまちというバラつきはあるようですが、
仮に年間22万円で大学のコースを英語で専攻できるなら、学生の進路として悪くないですよね。


==========お知らせ==========
レギュラーで書いている主な執筆媒体のご紹介です。
ぜひ読んでみてください♪

「未来住まい方会議」(執筆記事一覧)
http://yadokari.net/author/kurata/ 

「TABIZINE~人生に旅心を~」(執筆記事一覧)
http://tabizine.jp/author/kuratanaoko/

「ima(今) 海外リポーターが伝える世界の生活情報サイト」 (執筆記事一覧)
http://ima-earth.com/contents/profile.php?userid=kurata

お仕事の依頼は、↓こちらのメールアドレスまでご連絡くださいませ。
aberdeen.nihongo(a)gmail.com