昨日の記事に書ききれなかったのですが、オランダのインターナショナルスクール(以下インター)事情について少し書きたいと思います。

移住前、まだ娘をインターに通わせることを視野に入れていた頃、蘭のインターについて調べてみました。
まだ住む街の候補もいくつかあったので、アムステルダムや地方都市、いくつかの地名と英語で検索してみました。
(余談ですが、インターのHPは必ず英語で書かれているので楽ですね。。。)

すると不思議なことに、 インターの価格帯が二つに分かれていることに気が付きました。

1.いわゆる我々がイメージするお高いインターの学費。日本円に換算して、年数百万単位。
(※ブリティッシュスクールやアメリカンスクールもありました)
2.都市によって差があれど、100万以下。中には50万円くらいのところも。

後に分かったのですが、オランダはインターにも国が認定した公立校があるんです。
そこは国からの援助が出るので、生徒が実際に負担する学費はぐっとお安くなります。 

例えば、アムステルダムを例にとると。。。

私立のインター: The International School of Amsterdam
https://www.isa.nl/
こちらも数百万円かかる駐在員価格でしたが、学費の提示は奥深いところにあり、なかなか見つかりませんでした。
情報収集していたときは根性で見つけましたが、この記事を書くためにいまサイトを周遊するも結局みつからず。。。

公立のインター: Amsterdam International Community School
http://aics.espritscholen.nl/home/
こちらは、トップページに価格へのリンクが張られています。

fee2

そして、今年度の学費がこちら。

fee1

決してお安くはないですが、全く手の届かない金額ではないですよね。
地方の都市だと、3000ユーロ代後半くらいのところも見かけました。
例えば、こことか ⇒ http://www.elckerlyc-international.nl/admission.html


ただここまで金額の話で引っ張っておいて恐縮ですが、私は全くインターの学校見学や説明会に行っていません。
もしかしたら、私立の方がものすごーく素晴らしい学校かもしれないし、逆に公立インターがお子さんに合わないこともあるかもしれません。

ただ私はあくまでも、「オランダのインターは二種類あるんだよ」とお伝えしたかったのです。

あと、お目当てのインターにお子さまの入学希望学年があるかどうかの確認もお忘れなく。
時々、初等部または中等部しかない学校も見かけました。

この記事がみなさまのお役にたてたら嬉しいです。


==========お知らせ==========

電子書籍出版しました!
「日本人家族が体験した、オランダの小学校での2年間」

レギュラーで書いている主な執筆媒体のご紹介です。
ぜひ読んでみてください♪

「Glolea!」(プロフィール&執筆記事一覧)
http://www.glolea.com/ambassador/kurata-naoko/profile

「未来住まい方会議」(執筆記事一覧)
http://yadokari.net/author/kurata/ 

「TABIZINE~人生に旅心を~」(執筆記事一覧)
http://tabizine.jp/author/kuratanaoko/

「ima(今) 海外リポーターが伝える世界の生活情報サイト」 (執筆記事一覧)
http://ima-earth.com/contents/profile.php?userid=kurata

お仕事の依頼は、↓こちらのメールアドレスまでご連絡くださいませ。
aberdeen.nihongo(a)gmail.com