オランダの北ホラント州の小学校は、今年は7月12日(金)が最終登校日。
翌日から夏休みになり、夏休み明けは新学年になります。

そのため、その前日である11日(木)に、娘のクラスは「学年末のお楽しみパーティ」を行いました。
それだけなら普通だと思うのですが、時間帯がなんと夜間なんです。
午後7時から午後10時!!

unnamed (2)

学校のすぐ近くにあるコミュニティ・センター内の、イベントホールで行いました。
まるでディスコですね!?
ビンゴとかもやったそうですよ。

もっと驚きなのは、このパーティの運営は子供たち自身が行っていること。
飾りつけなどの分担を決め、自分たちで行っています。

更に更に、一番の驚きは「大人立ち入り禁止」だということ。
担任の先生は立ち会いません。
ヘルプでPTA的な保護者が2名いますが、パーティ開始と同時に追い出され、ホール外で待機になるのだとか。
(上の画像は、準備中の様子)

ちなみに、娘のクラスはだいたいみんな10歳から11歳。
そういう年齢の子供たちを信頼して、子供たちだけで夜間にお楽しみ行事させてあげるってすごいことですね。
オランダの感覚にだいぶ慣れた私でも、それを知った時は感嘆しました。

unnamed (1)

ちなみに、うちの娘はパーティのフィンガーフードとして海苔巻きを持参しました。
いつもこういう行事の時は私が巻くのですが、なんと今回はすべて彼女が巻いたんです。
(具材を切ったのは私ですが)
あー、なんか子供の成長を目の当たりにしちゃったなー。

夏休みが明けたら、娘はオランダの小学校の最高学年(groep8)になります。
(日本では小学5年生)
この学年は進路の決定もあるし、初夏にはキャンプも控えています。
保護者として私も楽しみであると同時に、時の流れの速さに戸惑いを隠せません。
オランダに来た時は、まだ6歳であんなに小さかったのに。
子供の成長の速さに振り落とされないように、私も喰らいついていかないと。


==========お知らせ==========

電子書籍出版しました!
(紙版)「日本人家族が体験した、オランダの小学校での2年間

レギュラーで書いている主な執筆媒体のご紹介です。
ぜひ読んでみてください♪

「現代ビジネス」(不定期掲載)
http://gendai.ismedia.jp/list/author/naokokurata

「Glolea!」(プロフィール&執筆記事一覧)
http://www.glolea.com/ambassador/kurata-naoko/profile

「未来住まい方会議」(執筆記事一覧)
http://yadokari.net/author/kurata/ 

「TABIZINE~人生に旅心を~」(執筆記事一覧)
http://tabizine.jp/author/kuratanaoko/

「ima(今) 海外リポーターが伝える世界の生活情報サイト」 (執筆記事一覧)
http://ima-earth.com/contents/profile.php?userid=kurata

お仕事の依頼は、↓こちらのメールアドレスまでご連絡くださいませ。
aberdeen.nihongo(a)gmail.com

スポンサーリンク
Banner OrandaOriginals v1